WordのOCR変換コンテンツ作り

WordのOCR変換とは、紙の文書をWord文書にデータとして保存することが可能です。
紙の文書しかなく、一部を変更した新しい文書をWordのデータとして保存しておきたいなどの需要があります。

いくらタイピングに自信があるとはいっても、数千、何万文字もWord文書に打ち直すとなると
相当な時間と労力が必要となってしまいます。
OCR機能を用いることで、光学的に文字を自動認識で読み取り、大量の文字を入力する手間が省けます。
時間と労力を省くことができるのが、このOCR変換です。

紙文書をWordデータ化することでこういった事例があります

教育現場や研究論文、レポートの作成に


紙文書から、データ文書にすることでWordやPDF、PowerPointなどで再活用することができ、教育現場や研究論文などレポートの作成に役立ちます。

オフィスでの書類整理やデータの保管に


経理に関する書類や請求書などのデータの保管に。また、集計や入力作業の効率アップに役立ちます。

技術文書などマニュアルをデータ化


技術文書やマニュアルなどの紙文書をもとに、文章の編集や追加をし、新たに文書を作成するこができ、データとしての保存も可能です。

料金

WordのOCR変換コンテンツ作りについての料金

WordのOCR変換コンテンツ作り ~ご依頼から納品まで

WordのOCR変換コンテンツ作りについては、まずはお客様の文書を確認させていただきます。
書類をご郵送いただくか、スマホで撮影した画像データを送付いただければお見積もりを作成することができます。
また、書類に機密保持契約が必要な場合はNDAを締結後、確認させていただいてからのお見積もりとなりますのでご安心ください。

制作フロー

  1. 文書の確認
  2. 見積もり提出
  3. OCRドキュメントスキャナで読み取り
  4. Wordに文字を貼り付け
  5. シングル誤字チェック
  6. 誤字があれば修正
  7. ダブル誤字チェック
  8. お客様にてご確認
  9. Word文書データをお渡し

WordのOCR変換コンテンツ作りの実績

紙の文書1枚から、100枚以上大量の文書をWordにデータ化をしてきた実績がございます。
企業様、お役所様、様々なお客様よりご依頼をいただいております。

Word文書制作に関して、確実性や正確性、ご依頼を受けてからお客様へのお渡しまでのスピード面に関しても弊社にお任せください。

お問い合わせはこちらから